【書店関係者の方へ】書籍の販売について

旅と冒険社の本のお取り扱いについて

旅と冒険社は取次契約をしておりません。
ご不便おかけしますが、直接取引をお願いしています。

お手数ですが、下記内容をメール(info-tb@hotmail.co.jp)までお知らせください。
お取引条件などを返信させていただきます。

⚫︎書籍名
⚫︎冊数
⚫︎店舗ご連絡先
⚫︎その他ご連絡事項

お電話にてのお問い合わせは
09078650179、今井まで。
申し訳ありませんが、時間により出られない場合があります。


[PR]
# by tabitobouken | 2016-01-14 21:59

【新刊】地球に暮らそうⅡ 〜豊かに暮らす知恵と術〜

加藤大吾さんの新刊本「地球に暮らそうⅡ 〜豊かに暮らす知恵と術〜」(旅と冒険社)が完成しました。

加藤さんは東京•四ツ谷生まれの都会っ子でしたが、2005年から山梨県都留市に移住。山を開拓して自作の家を建て、家族や家畜とともに暮らしています。
なぜ移住したのか、どうやって暮らし始めたのか、については2010年に出版された前書「地球に暮らそう 〜生態系の中に生きるという選択肢〜」(同社)にまとめられ、昨年は加筆重版、台湾版の出版と好評をいただきました。
続く今回の本では、移住後5年〜10年までの変化を中心に、移住してみてどうだったのか、暮らしてみてわかったことがまとめられています。

前書きから一部引用します。「森暮らしでは家畜や野生生物、季節の移ろいに寄り沿って野良仕事の時間が流れる。いつもの自然からのメッセージに気づかされる。気づきから暮らしに変化が生まれる。そしてまた、気づかされる。このサイクルは螺旋状に巻かれ“豊かな暮らし”という本質に少しずつ近づいていく。」

[PR]
# by tabitobouken | 2016-01-14 21:54

イベントのお知らせ

先日、本を出版しました。
「旅と冒険社」という出版社は、営利を目的とせず(できない)、趣味で出版活動を続けています。
2006年ごろから雑誌「旅と冒険」を発行し、有名ではないけれど素晴らしい経験をされている人たちを中心に、雑誌にまとめてきました。
このたび初の書籍となる『地球に暮らそう~生態系の中に生きるという選択肢』(著 加藤大吾)を出版しました。


この本をアノニマスタジオさんというスペースで開かれるブックマーケット2011に出品することになりました。
本好きにはたまらないイベントのようで、ぜひお立ち寄りください。

【場所】
アノニマ・スタジオ
〒111-0051 東京都台東区蔵前2-14-14
tel. 0120-234-220
fax 0120-234-668
info@anonima-studio.com

【以下、転載】




今年で3回目を迎える「本当におもしろい本」だけを集めた、
本好きのためのブックフェア「BOOK MARKET」。
今年は会場を2ヵ所に拡大して開催! 
本の販売の他、本好きのためのイベント、
古本や厳選リトルプレスの販売、
京都のオオヤコーヒ焙煎所のコーヒースタンドも開催。

【出展社】
アノニマ・スタジオ、医学書院、INAX出版、8plus、凹凸舎、
サルビア、青幻舎、筑摩書房、美術出版社、44 fourruof、
古本ricca、monday books、ミシマ社、ミルブックス
(50音順)

★今年も3冊以上お買い上げの方に、
DMのイラストレーションを手掛けた松尾ミユキさんデザインのエコバッグをプレゼント!

●会場 アノニマ・スタジオ1階/カワウソ (*会場がふたつあります)
●日時 2月18日(金)~20日(日)  11時~18時 (最終日 ~17時)

今年で3回目を迎える「本当におもしろい本」だけを集めた、
本好きのためのブックフェア「BOOK MARKET」。
今年は会場を2ヵ所に拡大して開催! 
本の販売の他、本好きのためのイベント、
古本や厳選リトルプレスの販売、
京都のオオヤコーヒ焙煎所のコーヒースタンドも開催。

【出展社】
アノニマ・スタジオ、医学書院、INAX出版、8plus、凹凸舎、
サルビア、青幻舎、筑摩書房、美術出版社、44 fourruof、
古本ricca、monday books、ミシマ社、ミルブックス
(50音順)

★今年も3冊以上お買い上げの方に、
DMのイラストレーションを手掛けた松尾ミユキさんデザインのエコバッグをプレゼント!

●会場 アノニマ・スタジオ1階/カワウソ (*会場がふたつあります)
●日時 2月18日(金)~20日(日)  11時~18時 (最終日 ~17時)
[PR]
# by tabitobouken | 2011-02-03 23:56

新刊のご案内

私たち「旅と冒険社」は、営利を目的とせず(できない)、趣味で出版活 動を続けています。
2006年ごろから雑誌「旅と冒険」を発行し、有名ではないけれど素晴らしい経験をされている人たちを中心に、雑誌にまとめてきました。
このたび初の書籍となる『地球に暮らそう~生態系の中に生きるという選択肢』(著 加藤大吾)を出版しました。ぜひご一読いただき、ご紹介いただけましたら幸いです。


【概要】
山梨県都留市の山中に約600坪の原野を買い、開拓から家作りまでを自力で挑戦した加藤家の記録。妻と子ども3人で、半農半Xという、田舎と都市生活の中間的生き方を模索している。
加藤大吾 1970年、東京都生まれ。
NPO法人国際自然大学校東京校校長代理などを経て、2006年ごろ山梨県都留市に移住。3児の父。
現在、都留文科大学非常勤講師のほか、企業研修などを行うアースコンシャス代表なども務める。合鴨農法での米作りや、イノシシの狩猟にも挑戦中。

単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社: 旅と冒険社; 初版版 (2010/11/18)
ISBN-13: 978-4990556303
発売日: 2010/11/18
商品の寸法: 21 x 15 x 0.8 cm
価格:1050(税込)

お申し込みは当面amazon.co.jpよりご注文ください。

書店様はinfo-tb@hotmail.co.jpまでご注文冊数などをご相談ください。
[PR]
# by tabitobouken | 2011-02-01 17:00

【情報転載】WTN-Jキャンプの予定

WTN-Jからの情報を転載します。
バイク(モーターサイクル)での世界旅に興味がある人はご参加を。
World Touring Network-Japan

=======

第13回 WTN-Jキャンプのお知らせ
主 催 : WTN-J
日 時 : 2009年5月23日(土)~24日(日)
場 所 :『青野原オートキャンプ場』 
神奈川県相模原市津久井町青野原918ー2。
電話:042ー787ー0548  
参加費 :
400円×2+バイク100円×2+テント500円×2
=2000円(1泊)(詳細は案内文を参照のこと)


受付は23日午後4時から始めます!


●場所詳細
* 中央道「相模湖IC」を出て国道20号→国道412号→国道413
号。約10km。
* 東京方面からですと、「相模湖IC」の手前の「相模湖東出
口」の方が近いです。
(相模湖東出口は下り専用の出口です)
* 国道412号と413号がぶつかる「青山」交差点の北に、大き
なスーパー「サンデーマート」があります。
* 「青野原オートキャンプ場」の隣に「青野原キャンプ場」
というのもありますが、会場は「青野原オートキャンプ場」で
す。ご注意ください。413号線から道志川に向かう脇道を下った
場所にあります。413号線に案内看板があります。
* キャンプ場はかなり広いです。
ワッツーの集合は、もし他の団体が使用せずに空いていれば、
一番奥にある炊事場の周辺にしたいと思います。
●料 金(一日あたり):
大人400円
普通車駐車料 500円
オートバイ 100円
タープ、テント各一張り 500円
* 一日あたりのデイキャンプの料金ですので、一泊二日でご参加場合、上記の料金
×2になります。
* キャンプ場に入場する際、各自一日目の料金を受付でお支払いください。

●お願い&注意事項
1.雨天決行、現地集合、現地解散。
2.キャンプ道具や食べ物、飲み物などは各自でご用意ください
。(浜松の秋葉神社下社前キャンプ場のように屋根などないの
で、テントがないと辛いです)
3.会場までの道程および会場内でのトラブルには、責任を負い
かねますのでご了承ください。
4.他人の迷惑にならないよう、マナーをお守りください。


■ 問い合わせ先 ■
**************************************************
ワールドツーリングネットワークジャパン(WTN-J)事務局
〒243-0213 神奈川県厚木市飯山4444-6
URL:http://www.wtn-j.com 
e-mail:info@wtn-j.com


**************************************************
[PR]
# by tabitobouken | 2009-03-21 00:52